人とのお付き合いを大切に致します。東武東上線、北池袋で、池袋、豊島、板橋を中心に高齢者、介護事業者サポート、詐欺、遺言書、相続、成年後見制度、内容証明、許認可、入管手続(ビザ取得・変更)、会社設立、会計などをお助けいたします。土日、祝祭日、24時間対応可能です。

遺言・相続

遺言・相続

大切な家族の為に・・・

遺言は満15歳になればすることが出来ます。(民961条)

いつ自分の身に災難が降りかかるか分りません。思い立ったらすぐにする事をお勧めいたします。


状況が変われば、その都度遺言を残す事が可能です。

最近ではペットに財産を残したい人も増えてきています。

遺言を書いたほうがいい場合

  • 家族以外にも財産を与えたい(内縁の妻、お世話になった人、ペット)
  • 財産が多い
  • 家族間での仲があまり良くない
  • 身寄りがなく、残される子供の面倒を見て欲しい
  • 子供、父母がなく、夫や妻に全財産を与えたい
  • 死後、残されたものに後見人をつけたい

このような方は特に、遺言を残したほうがいいと思われます。

遺言はあなたの最後の意思表示です。

遺言の種類

大きく分けて3種類あります

自筆証書遺言

紙とペンで自ら手書きで行う方式。パソコンは不可。芸名やペンネームでも良いとされ、印は認印でも可。指印でも良いが、消えるので避けたほうが良い。加除訂正方法、日付け記載に所定の方式がある。裁判所の検認手続が必要で、相続開始から長くて2、3カ月程かかる。

秘密証書遺言

内容は代筆でも良く、パソコンでも可。署名は自書でなければならない。本人が証書を封じ、証書に用いた印で封印する。その後、公証役場で公証人と証人の前で封書を提出し、自らの遺言である事と、住所、氏名を申述する。そうすると公証人が提出した日付と遺言者の申述を封書に記載し、遺言者と証人とで署名、押印する。

公正証書遺言

証人と公証役場へ出向き、内容を公証人に口述する。公証人は筆記し、内容を遺言者と、証人に読み聞かせ、内容が良ければ共に、自署・押印する。その後公証人が適切な手続きで作成されたものとして、自署・押印する。

自宅や病院に公証人が出向くことも可能。

各遺言のメリットとデメリット

自筆証書秘密証書公正証書
メリット一人で簡単遺言の存在が明確内容明確・安全確実
内容と存在を秘密にできる偽造・隠匿が少ない偽造・隠匿が少ない
費用が安い秘密が保てる検認が不要
デメリット無効の可能性内容自体が公証されてない内容と存在が秘密でない
紛失・隠匿・脅迫費用がかかる費用がかかる
検認が必要証人が必要証人が必要

遺言に書く内容

誰にどの財産を残すかが一番大切な事です。後々のトラブルを避けるためにも、細かく記載することが望ましいです。
法律で、法定相続分というのが決まっており、それと異なる内容を具体的に指定出来ます。

相続人以外に財産を残す事を遺贈といい、内縁の妻、お世話になった人、寄付等もする事も出来ます。
逆に生前の虐待等、相続人に財産を渡したくない事もあると思います。


最近増えているのは、可愛がっていたペットに財産を残したい人がいます。このような場合は、財産を与える代わりに、ペットの面倒をみたり、里親を探したりを条件として遺言内容に入れる事が出来ます。(負担付遺贈といいます。)

子供の認知や障害を持った残された者に、自分の死後安心して暮らせるように、後見人をつける事も出来ます。


自分の遺言を確実に実行してもらう為、遺言執行者を定めておくと事務がスムーズです。

最後に、自分の思いを書いておくといいでしょう。死後の争い防止にもなり、家族の絆をより深める事が出来ます。


遺言は最後の意思表示です。大切な思い温めていきましょう。

 

相続とは

相続はある日突然起きるものです。

いざ自分の周りで相続が起きると、知らない親戚が現れるという有名な話がありますが、これも実際に起きる事です。
そんな時には慎重に解決していかなければなりません。

最近では無料相談会が各地で開催されています。このような機会をうまく活用していくのもいいと思います。

これからは高齢化社会が今よりも進み、自分の周りに起きるのも時間の問題です。

気を付けてください!

相続はいい事だけではありません。

気楽に考えていると、借金を背負う事も考えられます。

相続で受け取る財産よりも、負債(借金等)が大きくて承認してしまい、結果として自己破産まで追いつめられたという事例もあります。

自分だけでなく、専門家を利用して、うまく相続を行いましょう。

相続の流れを簡単に説明します

  1. 被相続人の死亡
  2. 死亡届の提出
  3. 遺言書の確認(裁判所の検認等)
  4. 相続人・財産・負債等の調査
  5. 相続放棄または承認
  6. 確定申告
  7. 遺産分割協議書作成
  8. 遺産分割の手続き(名義変更等)
  9. 相続税の納税

注意事項

遺言書が本人手書き(自筆証書)の時は裁判所で検認手続が必要です。勝手に開封してしまうと。5万円以下の過料に処せられます。

相続の放棄・承認は3カ月以内に行う必要があります。

相続税手続は10カ月以内に行う必要があります。

料金表

遺言書作成・指導自筆証書30,000円~ ⇒ 10,000円~
公正証書50,000円~
公正証書遺言立会(証人)10,000円~
遺産分割協議書作成50,000円~ ⇒ 30,000円~
相続人及び財産調査20,000円~
相続人なきことの証明書10,000円~
遺言執行手続50,000円+財産価格の1.5%~

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional