会社設立について | 池袋、板橋で起業の相談は今浦行政書士事務所

会社設立について | 池袋、板橋で起業の相談は今浦行政書士事務所

会社設立の必要書類や手続きについて

会社設立 池袋 行政書士 今浦

近年、新会社法により会社が設立しやすくなり、ビジネスチャンスが広がってきています。
一般的には株式会社がなじみあると思いますが、他にもこんなに種類があります。

  • 合同会社
  • 合資会社
  • 合名会社
  • 公益法人
  • 社団法人
  • 財団法人
  • NPO法人
  • 学校法人
  • 宗教法人
  • 社会福祉法人
  • 労働組合
  • 協同組合
   など

 

株式会社設立の流れ

 

  1. 名前、業種、目的、本店、資本金、発行株、株式引受人等を決める
  2. 会社の印鑑を作成(角印、銀行印、代表社印)
  3. 定款作成・認証
  4. 出資金の払込
  5. 取締役等の選任
  6. 法務局へ設立登記申請
  7. 登記確認後、各役所への届出

このような流れで会社設立を行っていきます。

※注意事項

  • 会社の業種や目的は法律に沿ったもので調査が必要です。
  • 株式の引受は、発起人(設立者)だけか、他に引受人がいるかで手続きが少し変わります。
  • 定款の記載内容は書かなければいけない事項があり、書かないと定款事態が無効になる可能性があります。
  • 税務署や許認可が必要な業種は設立前後で届出が必要になります。
  • 余裕をもって1か月位の余裕をもって準備したほうが良いです。
  • 登記申請は司法書士等の業務になります。

 

諸費用

  • 一般的に資本金1円としてかかる費用は
  • 公証人役場 収入印紙 40,000円
  • 定款認証  50,000円
  • 定款謄本   2000円程度
  • 法務局 登録免許税 150,000円
  • 資本金 1円

 

トータル240,751円となります。これは最低限かかる法定費用ですので、自分でやったとしてもかかる費用です。

 

公証人の定款収入印紙は電子申請すれば0円ですが、個人でそろえてやろうとすると、費用と時間がかかるのでお勧めいたしません。

 

当事務所でも電子申請を扱っています。

 

設立パック29,800円等と見かけますが、法定費用の説明を曖昧にしてトラブルになるケースもあるようです。国家資格者で、信頼出来る人に頼むのが一番安心です。皆さんお気を付けください。

 

問い合わせ


会計記帳をお手伝いします。

領収証の整理はつい後回しになりがちです。しかしそれでは経営上の問題点が見えてこない事もあります。
毎月きちんと整理することで、無駄な費用の見直しや、本来必要な費用を見落とす予防になります。
結果的に会社や自分を圧迫しないように、最低でも毎月経理は行ったほうが良いと考えます。

 

当事務所では、月100件程度の仕分けであれば1万円〜対応可能です。

助成金の相談について

助成金は知らなければ損するだけです。
様々な助成金がありますが、ほとんどは申請時期が決まっていたり、複雑な書類が必要だったりします。
そんな時は行政書士にご相談ください。

 



※メールフォームが使えない場合は info@imaura.com まで直接お問い合わせください。

 

今浦行政書士事務所トップへ

トップへ戻る