遺言書についての相談は池袋の今浦行政書士事務所

遺言書は池袋の今浦行政書士事務所 | 池袋、板橋、巣鴨、大塚

遺言書の書き方と効力

遺言書 池袋 

 

遺言は満15歳になればすることが出来ます。
ご自身にご家族がいる方は後々の問題にならない為にも、思い立ったらすぐに書くことをお勧めいたします。

 

状況が変われば、その都度遺言は書き換える事が可能です。
最近ではペットに財産を残したい人も増えてきています。
これから遺言について簡単に記述していきます。

 

遺言書を書いたほうがいい場合

  • 家族以外にも財産を与えたい(内縁の妻、お世話になった人、ペット)
  • 財産が多い
  • 家族間での仲があまり良くない
  • 身寄りがなく、残される子供の面倒を見て欲しい
  • 子供、父母がなく、夫や妻に全財産を与えたい
  • 死後、残されたものに後見人をつけたい

このような方は特に、遺言を残したほうがいいと思われます。
書き直す事も出来ますので、思った時に行動してみてはいかがでしょうか?

 

遺言はあなたの最後の意思表示です。

 

遺言の種類は大きく分けて3種類あります

自筆証書遺言

  • 紙とペンで全て手書きでパソコンは不可。
  • 芸名やペンネームでも良いとされ、印は実印でなくても良い。
  • 加除訂正方法、日付け記載に所定の方式があり、形式によっては無効になるので注意が必要。
  • 裁判所の検認手続が必要で、相続開始から長くて2、3カ月程かかる。

 

池袋、板橋、大塚、大山、巣鴨、遺言

 

秘密証書遺言

内容は代筆でも良く、パソコンでも可。署名は自筆でなければならない。本人が証書を封じ、証書に用いた印で封印する。その後、公証役場で公証人と証人の前で封書を提出し、自らの遺言である事と、住所、氏名を申述する。そうすると公証人が提出した日付と遺言者の申述を封書に記載し、遺言者と証人とで署名、押印する。

 

公正証書遺言

証人と公証役場へ出向き、内容を公証人に口述する。公証人は筆記し、内容を遺言者と、証人に読み聞かせ、内容が良ければ共に、自署・押印する。その後公証人が適切な手続きで作成されたものとして、自署・押印する。
自宅や病院に公証人が出向くことも可能。

 

池袋、板橋、大塚、大山、巣鴨、遺言

 

各遺言のメリットとデメリット

  メリット デメリット
自筆証書
  • 一人で簡単
  • 存在を秘密にできる
  • 費用が安い
  • 紛失・脅迫の可能性がある
  • 形式を間違うと無効になる
  • 裁判所で検認が必要
秘密証書
  • 存在が明確
  • 偽造・隠匿が少ない
  • 秘密が保てる
  • 内容自体が公証されてない
  • 費用がかかる 
  • 証人が必要
公正証書
  • 内容明確・安全確実
  • 原本が公証役場に保存され、偽造・隠匿の危険がない
  • 裁判所の検認が不要
  • 証人に内容を知られる
  • 手続き、費用がかかる
  • 証人が必要

 

遺言書に書く内容

誰にどの財産を残すかが一番大切な事です。
後々のトラブルを避けるためにも、細かく記載する事をお勧めします。
法律で、法定相続分というのが決まっており、それと異なる内容を具体的に指定出来ます。

 

相続人以外に財産を残す事を遺贈といい、内縁の妻、お世話になった人、寄付をする事も出来ます。
逆に身内に財産を渡したくない事もあると思います。

 

最近増えているのは、可愛がっていたペットに財産を残したい人がいます。このような場合は、財産を与える代わりに、ペットの面倒をみたり、里親を探したりを条件として遺言内容に入れる事が出来ます。(負担付遺贈といいます。)
子供の認知や障害を持った残された者に、自分の死後安心して暮らせるように、後見人をつける事も出来ます。
自分の遺言を確実に実行してもらう為、遺言執行者を定めておくと事務がスムーズです。

 

最後に

自分の家族への思いや、自分自身を振り返った思いなどを書いておくといいでしょう。

死後の争い防止にもなり、家族の絆をより深める事が出来ます。
遺言は最後の意思表示です。大切な思いを温めていきましょう。

 

当事務所では、遺言書の添削なども行っています。
いきなり公正証書に残さなくても、最初は自分でどのような財産があり、誰に相続(又は贈与)させたいのか整理する事をお勧めします。
お気軽にお問い合わせください。




※メールフォームが使えない場合は info@imaura.com まで直接お問い合わせください。

トップへ戻る